たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市


第35回調布市東洋医学講座  肉離れをしたときの対処法

 肉離れとは、どんな怪我かご存じでしょうか。
  身体は、骨や関節で構成されています。それを支えているのが靱帯で、動かしているのが筋肉です。筋肉の端の部分を靱帯と言います。腱や筋肉や靱帯の損傷を、医学上は、挫傷(挫傷)と言います。その中で、筋肉の挫傷を、肉離れと言います。
 肉離れをすると、筋肉が働かなくなりますので、身体を動かすことが困難か強い痛みが出ます。関節を動かすことが出来なくなるため、下半身で肉離れを起こすと、歩行が困難となります。
 肉離れをするとどんな症状が出るのか。
 肉離れをしたときの処置はどうしたらよいのか。
 冷やしたら良いのか、暖めたら良いのか。
普段気に留めない「肉離れ」について、学んでみませんか。スポーツ選手には是非ご参加頂きたく思います。オアシス会員の皆様、ご家族ご友人をお誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。


講師 清野鍼灸整骨院院長 清野充典
日時 令和元年10月26日(土)14時05分~14時35分
場所 東京都調布市布田1-45-1 CIELOビル3階
                     清野鍼灸整骨院内
電話 042-481-3770
会費 オアシス会員 無料 
    清野鍼灸整骨院患者様 100円(資料代等)
   一般 300円(資料代等) 付き添いは無料
第35回調布市東洋医学講座  肉離れをしたときの対処法



  • Posted by 清野充典  at 18:34 │Comments(0)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    第35回調布市東洋医学講座  肉離れをしたときの対処法
      コメント(0)